Photo shop

Photo shopでネオン文字を作る方法【超簡単】

Photo shopを使って、簡単にネオン文字を作れる方法ってありますか?

 

はい!初心者でも簡単に作れる方法があります。

 

5分あれば完成しますよ〜!

 

ネオン文字って、かっこいいですよね!

 

わたしもPhoto shopを始めたばかりの頃、ネオン文字に憧れて、動画、ネット、書籍で作り方をめちゃくちゃ調べました。

 

しかし...

 

説明が難しすぎて、ついていけない。

思っていたよりも光らない。

いろんなやり方がありすぎて、どれがいいかわからない。

 

このような理由から、つまずいてしまったんですよね。。。

 

今回はこの経験を活かして

簡単

わかりやすい

キレイに光る

 

ネオンの作り方を紹介します。

 

いろんな作り方を見て、研究し、この方法にたどり着きました。

ネオン迷子になっている方がいたら、1度試してみてほしいです!

 

 背景を用意する

 

暗めの背景を用意しましょう!

 

後から、暗く(明るさやコントラストを変更)できるので、真っ暗じゃなくても大丈夫です!

 

 

 文字を入力する

 

今回は黄色にします。(ネオンっぽい、お好みの色でOK!)

 

フォントは、丸みがあるものがオススメ!

ネオンっぽさが増しますよ〜!

 

 

 

 文字を縁取る

 

上のメニューバーから、【選択範囲】→【選択範囲を読み込む】を選択します。

 

すると、文字の周りが点線で囲まれます。

 

次に【選択範囲】→【選択範囲を変更】→【縮小】を選択します。

 

今回は【10pixel】に設定しました。(文字の大きさによって、数値は調整して下さい。)

 

このような感じで、文字の中に点線が入ればOKです。

 

下にある、塗り潰しボタンを押します。

 

べた塗りを選択します。

 

色は白を選択して下さい。

数値は#ffffff(fを6回入力します!)

 

はい!縁どれました〜!

 

 

 文字を発光させる

 

べた塗りレイヤーを選択し、不透明度を下げて、なじませていきます。(お好みで調整してみて下さい)

 

不透明度を下げると、全体的に黄色っぽくなり自然な立体感が出てきます。

 

【新宿の文字レイヤー】を選択します。

 

下にある【レイヤー効果ボタン】を押します。

 

【光彩(外側)】を選択します。

色を【新宿の文字レイヤー】と同じ色に変更。

【赤で囲んである数値】は、お好みで設定して下さい!

 

次に【ドロップシャドウ】を選択します。

ここでも、色を【新宿の文字レイヤー】と同じ色に変更。

【描画モード】→【スクリーン】に変更。

【赤で囲んである数値】はお好みで設定して下さい!

 

すると...

 

輝きました〜!

 

 

最後の仕上げに、べた塗りレイヤーを選択して

 

上のメニューバーから【フィルター】→【ぼかし】→【ぼかし(ガウス)】を選択し、ぼかしていきます。

今回は【12pixel】に設定しました。

 

 

ぼかすことで、文字の黄色と白の境界線がなじんで、まとまって見えます。

ここはお好みで調整して下さい!

 

ポイント

【背景】(歌舞伎町の街並みの背景)の明るさやコントラストを下げると、さらに文字が引き立ちますよ!

上のメニューバーから調整できます。

 

背景を少し暗くしていきます。

 

完成です!

 

 まとめ

今回は、Photo shopを使った、簡単なネオン文字の作り方を紹介しました。

シンプルな手順なので、初心者の方でもスムーズに作れますよ!

 

このネオン文字のレイヤー効果は、いろんな場面で応用できます。

1度覚えると表現の幅が広がりますよ〜!

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-Photo shop

Copyright© それいけ!副業ママ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.